今日がいちばん小さい君と

気がつけば兄弟揃って小学生。 いつも私から離れなかった頃が、よちよち歩きだった頃が懐かしい。 どんどん大きくなる息子たち。今日がいちばん小さい息子たち。 そんな「今日がいちばん小さい君と」一緒に過ごす大切な日々を綴ります。

弟くんとお散歩。春をみいつけた!

今日は休日ですが、パパは仕事、お兄ちゃんはサッカーの試合。

まさかママと弟くんはお留守番でした。

天気も良くてあたたかくて、絶好のお出掛け日和だけれど、緊急事態宣言の延長が決まった今日この頃。

気軽にお出掛けも出来ず…残念。

 

とりあえず、弟くんと2人、人通りの少ない近所の道をお散歩しました。

あったかいね~、お花咲いてるかな~、なんて会話をしながら桜並木の道をお散歩。

もちろんまだまだ桜は咲いていませんでした。 

f:id:masakamama:20210306143948j:image

 

弟くん:「前、お花見した時、桜の花びらが落ちてくるの取ったよね。またやりたい。今度は葉桜の葉っぱキャッチしたい」

まさかママ:「花びらは風で散るから落ちてくけど、葉っぱは枝にしっかりついてるから、花びらみたいに落ちてこないよ」

弟くん:「じゃあ、ボンドでついてるの?」

 

そんな会話をしながら歩いていると…

f:id:masakamama:20210306143933j:plain

 足元にタンポポを見つけました。

タンポポもまだほとんど咲いていなくて、この一輪のタンポポは貴重。

かわいらしいフォルムと鮮やかな黄色に心がパァッと明るくなったような気が。

それからも、タンポポが咲いていないか探しながら歩きましたが、今日みかけたのはこの一輪だけでした。

 

もうちょっとして、この道に桜が咲き始めると、通る人はみんな上ばかり眺めてタンポポを見過ごしそう。

桜が咲いていたら、まさかママもこのタンポポの写真は撮らなかったかも。

弟くんも、その後家に着くまで「タンポポどこかな~」とキョロキョロ。

 

寒い季節の長引く自粛生活で気が沈みがちな昨今、この小さなかわいいタンポポにパワーをもらったような気がします。

桜が咲くのも楽しみだぁ~。

そして、小6のお兄ちゃんの卒業・入学が近づいて来るぅ~!

 

 

弟くん、豆苗狩りをする!?豆苗を2度楽しんでみた。

今までほとんど買ったことがなかった豆苗。

いつも行くスーパーのお買い得コーナーに並んでいたので、何となく買ってみました。

 

同じくお買い得コーナーにあった水菜と、まさかママが大好きなパクチー三つ葉などとミックスしてサラダにしていただきました。

まさかママの大好物のパクチー三つ葉、子供たちは苦手なので、子供たちには豆苗だけを刻んで、プラスごまドレッシングで。

 

好き嫌いのあまりない弟くんは「これなに?」「豆苗っていう、お豆の赤ちゃんだよ~」んなて会話をしながら、普通に食べました。

一方、野菜は食べるけど苦手、そして初めて食べるものには厳戒態勢のお兄ちゃんは、

ほんのちょっと食べただけでストップ。

「お豆の若菜だよ~。おいしいよ~」とプッシュするまさかママの言うことなんて聞かず、「オレ、無理」といってほとんど残しました…。

豆苗のパッケージには「野菜嫌いのお子様にも」って書いてあったのに…。

 

そして、料理に使った後、残った根を水に浸けておくと再収穫出来る豆苗。

根がちょうど納まるぐらいのケースに入れ、キッチンカウンターで育ててみました。

最初の数日はそんなに変化はなく、「あれ?結構時間かかるのかな」なんて思っていたら、あれよあれよという間に成長!


f:id:masakamama:20210305062906j:image

 

↑これ、1週間ぐらい?もうちょっと?

忘れてしまいましたが、とにかくこんなに育ちました。

根っこの底から計測して約30cmほど。

スーパーで買ったときより立派になった!

これは再収穫しないともったいない。

 

まさかママがプチっと収穫してお味見しているのを見た弟くん。

「オレもやりたい!」と言って、プチッ!パクッ!

「おいしい」と大満足。

もう1度、プチッ!パクッ!っと食べていました。

 

そこへやってきた豆苗嫌いのお兄ちゃん。

「あ!オレもやる~!」とプチッ!

で、パクッ!といくかと思いきや、「はい、どうぞ」と弟くんに渡しました。

やっぱりお兄ちゃんは食べないか…。

 

そんなこんなで、弟くんは豆苗狩りを楽しむことが出来ました。

ほんのささいなことだけれど、家で新しい楽しい体験を出来てよかったな。

フォートナイト、相手の声が聞こえないだけに心配になってしまう…

小6のお兄ちゃん、相変わらず連日フォートナイトざんまいです。

「ここが電波がいい!」と、お兄ちゃんいわくWi-Fiがつながりやすいらしいリビングの端の方でやっているから、お兄ちゃんの声はまさかママに丸聞こえ。

お兄ちゃんがヘッドフォンで聞いているお友達の声は、まさかママには全く聞こえず、お兄ちゃんの声だけがまさかママに聞こえてくる。

 

「ふざけんなよ!」とか「やめろよ!」とか、文字にするとやや攻撃的なセリフだけれど、小学生男子がじゃれる感じそのもので、それはあくまでも楽しそうな会話。

でも、こないだ、ゲームしながらも静かだな…と思っていたら、

 

「何でみんなオレのこと狙うの?」

 

「じゃ、狙うなよ!」

 

というお兄ちゃんの声が聞こえてきた。

その前後の会話から、複数のお友達とオンラインで遊んでいるらしいことは分かっていたまさかママ。

生意気盛りの小6男子とはいえ、我が子がみんなに狙われてるの?と気になるまさかママ。

家事の手を止め、耳を澄ましてみると、何度かそんなやりとりがあり、しばらくするとまた楽しそうな声が聞こえてきた。

 

う~ん、フォートナイトの世界で何が起きていんだろう…?と引っかかるまさかママ。

まさか!いじめられてるの?なんてマイナス思考が発令。

ゲームを終えたお兄ちゃんに、さりげなーく聞いてみた。

 

まさかママ:「みんなに狙われてたの?」(⬅️全然気にはしてないけど、そういえばさ~感で😁)

お兄ちゃん:「そう、あいつらオレのことばっか狙ってくるんだもん」

まさかママ:「やめて!っていってもやめてくれなかったの?」(⬅️へぇ~、そうなんだ~って軽い感じで)

お兄ちゃん:「さっきはみんながオレのこと狙ってたけど、文句言ったらやめた」

 

そういうお兄ちゃんの口調は、心配する母を安心させようと取り繕っている感じではなく、起こったことを無邪気に話す小学生男子。

おそらく、まさかママが気にし過ぎなんだろうな。

でも、どんなに大きくなっても、可愛げがなくなってきても、かわいい息子なので~。

こういうところ過保護なのかな~とちょっと反省。

 

フォートナイトでは、一緒に遊んでいる友達を気に入らないと「キック」出来るらしく、「キック」されるとその場から強制的に追い出されてしまうらしいのです。

まさかママはフォートナイトをしたことがないので、ざっくりした説明ですが。

それが学校の懇談会の先生からのお話の中にもあったので、フォートナイトは恐ろしいゲーム!っていう先入観が強くて…。

 

そういえば、同じく懇談会で、LINEトラブルも絶えない、と聞き、か我が子はLINEしてないしスマホも持っていないまさかママはびっくり!

後でお友達ママに聞いたところ、女子はかなりの割合でスマホもを持っていて、LINEもしていて、大人には考えられない軽い感じでグループ作ったり、ブロックしたりしているらしい😲

 

お友達にどうしても連絡とりたい時は、自分の家の固定電話から➡️お友達の家の固定電話に連絡をしていた昭和の小学生だったまさかママには異次元です‼️

 

話はフォートナイトに戻って、とりあえず、お兄ちゃんは楽しく遊べているみたい。

同じ空間にいるからといって、小6の息子の会話を盗み聞きしてるようなシチュエーションもどうかと思われそうですが、お兄ちゃんの声が聞こえる限りは気になる会話はチェックせずにはいられない💦

たぶん、これからもしばらくは😁

異性の子供とのつきあい方。男の子ママ、いつまで息子と一緒にお風呂に入るのか?

先週末は久々にお兄ちゃんのサッカーチームの練習がありました。

緊急事態宣言中はいつも練習しているグランドが使えず、しばらく練習がお休みだったので、久しぶりの練習で久しぶりにチームメイトが揃いました。

 

前回、去年の春の緊急事態宣言明けに久々に揃った時にも同じことがあったのですが、今回も、しばらく会わない間に背が伸びた子、声変わりした子がいて、まさかママびっくり。

チームの中には入園前からのお友達もいるので、まさかママ感慨深いです。

 

我が家のお兄ちゃんは、というと、小さい頃からコンスタントに背が伸び続けているので、周りのお友達よりも背は高い方。

ただ、まだ成長期って感じはなく、声変わりもしつつあるかな~って程度で、ヒゲとかすね毛とかいろんな毛事情もまだまだ…って感じです。

まさかママ、親とはいえ異性。

お兄ちゃんの身体をそんなに凝視しないので、小さな変化は表れてはいるかも。

 

異性の親子の距離感って難しいもので、その家庭によっても考え方は色々あると思います。

そこを特別意識する必要もないのかもしれないし、ママ友と話していると、ホント人によっていろいろだな~と感じます。

ただ、異性の親としての心構えとして、1つ実行したこと。

それは、「お風呂に一緒に入るのは10歳まで」ということ。

 

育児書的なものを読んでも、自分の考え方に合う合わないはあるけれど、これに関しては「なるほどな~」と思って、実行しました。

それを読んだときはまだ7~8歳ぐらいだったかな。

その頃すでに、弟くんがいることもあり、お兄ちゃんは早いうちからひとりでお風呂に入ることも多く、一緒に入るとしても弟くんと3人でした。

 

とはいえ、お兄ちゃんとお風呂に入ることがなくなることは寂しいもので…。

だって、女の子だったら、いつまででも一緒に入る機会があるのに。

まさかママだって、母と一緒に旅行に行けば、もちろん一緒に女風呂。

 

お兄ちゃんとの最後の入浴は、心に決めた通り9歳の時でした。

きっかり10歳の誕生日の前日に最後の入浴をしたわけじゃなく、徐々に一緒に入らなくはなっていたので、誕生日を過ぎて、もう入らない!とまさかママの心の中だけで区切りをつけました。

 

休日の夜、なかなかお兄ちゃんがお風呂に入らなかったり、もう夜遅かったりすると、パパが「お母さんと一緒に入っちゃえば~」と余計な一言を。

その都度、パパにはまさかママの決意を伝えていました。

 

改まってお兄ちゃんに「もう一緒に入りません!」と宣言したことはありません。

そういう意味では、お兄ちゃんも母離れし始めていて、ちょうどいい時期だったのかもしれません。

 

小6のお兄ちゃん、これからどんどん身体や心が成長し、異性のまさかママでは相談相手にもならないしアドバイスも出来ないし…。

ただ、正しい知識は必要だと思うので、何もかも手離しにするのではなく、教えなきゃいけないことは言いづらくても話していきたいと思っています。

 

パパには「その辺、頼んだよ!」とお願いしてはあるけれど、パパはある意味楽観的。

男なんてほっとけば自然に学んで行くもんだよ~、ですと。

何度も何年もかかり続けるドッキリ!地味に寿命が縮む💦

つい先日、久々にアレでドッキリしました!

それは…、これ!
f:id:masakamama:20210220191412j:image

 

 

よーく見ると…

 


f:id:masakamama:20210220191602j:image

 

不自然にテッカテカ。

その正体は昆虫のおもちゃです💦

でも、遠目に見ると、本物の虫にしか見えない。

 

この手の安~い感じのおもちゃ、お子様ランチのおまけにありがち。

我が家に何匹かいるこの昆虫のおもちゃ、全ておまけでもらったモノ。

 

おまけ系のおもちゃは、ある程度時が経ったら壊れるか捨てられるか。

でも何故かこの昆虫系は壊れないし捨てられない。

小さな人形系のおもちゃを入れる箱に、もう何年も滞在しておられます😁

 

長らくその箱の中でお休みしてた昆虫くんを、弟くんが出してきて、遊んでそのままその辺に放置💦

そりゃ、お決まりのパターン、通りすがりのまさかママ驚きますよ!

「わぁっ!!」って声も出るし、心臓ドキッとするし。

ほんっっとにやめて欲しい!!

 

久々にコレで驚いたよ~ってお兄ちゃんにその話をしたら、お兄ちゃん面白がって、パパが入浴中、お風呂の前の廊下の片隅にポツンと置いておきました。

風呂上がりのパパが驚く計画。

お風呂上がりのパパが、ふいの出来事に驚いて転倒なんかしたら、時間も時間だし…、夜に救急車?とか、何故かまさかママの頭の中をマイナス思考が駆け巡り、「やめときな。置くなら昼間にしたら」とお兄ちゃんに提言。

しかしお兄ちゃんは思い立ったら今置かずにはいられないようで、まあ、置きましたよね。

 

そして、パパがお風呂から上がる前に寝てしまった翌朝。

いちばん早起きのまさかママ、寝室から出て、廊下を歩き、お風呂の前に通りかかる。

そう…、まさかまさかの、まさかママがまたビックリ!!

もぉっ!なんで私がまた驚かなきゃいけないんだーい!

 

パパ気づかなかったのかなぁ…と、とりあえずパパが起きてくるまでそのままにしておきました。

まさかママ、実は、計画したお兄ちゃん以上に、パパの驚く姿を見たかったりして。

ところがどっこい、その事をすっかり忘れてしまったまさかママがまた昆虫くんを発見してしまう、という…。

そしてそして、またまた驚く!!という…。

 

それを3回ぐらい繰り返し、パパに「これ見た?お兄ちゃんが置いたんだよ」と言うと、「え?気づかなかった」と。

パパ、そういうとこあるんだよね~💦

注意力がないっていうか、天然っていうか、家の中だと完全に色んなスイッチをOFFにしてる方なので😁

 

ああっ!もう捨てちゃおう!と思ったりしつつ、何故かまた箱の中に戻すまさかママでした。

弟くんの今朝のひとことにほっこり。どんなお誕生日?

弟くん、今朝起きてくると、ダイニングに座っていたまさかママのお膝の上に。

小1男子、まだ寝起きは母に甘えてくれます。

寝ぼけまなこの弟くんが、リビングに入ってくるとまず母を探してくれる、その姿が何ともまあかわいい!

そしてまだちょっとむにゃむにゃした感をまとった弟くんが、自然に母の膝によじ登る一連の行動が、超絶かわいい!

 

そりゃあ寝起きの弟くん、たまには不機嫌な時もあります。

そんな時の弟くんは、リビングに現れると、まずリビングのマットの上にうつ伏せで丸まって、まるで殻に閉じこもっているようなポーズ。

「おはよう」すら言わなかったりします。

思えば、それはまさかママがキッチンに立っている時が多いような。

ダイニングに座っている母の膝に乗るつもりが、キッチンで忙しくしてる…、それが寂しいのか、憤りを感じるのか?

今後、弟くんが不機嫌な朝のシチュエーションに注視したいと思います。

 

で、今日は朝イチからかわいい甘えん坊な弟くん。

まさかママのお膝に座って、むにゃむにゃした感じで「おはよぅ(語尾が小さい)」って言った後に「今日は、天のお誕生日だよ」とひとこと。

弟くんははっきりと"天の"と“お誕生日”の間を文節で区切っていました。

 

まさかママは頭の中ですぐ翻訳。

天皇誕生日だな!と。

 

まさかママ:「天皇誕生日のことだね。どこで聞いたの?」

弟くん:「学校に書いてあった」

 

学校のどこかに、1年生でも分かるように「天のうたんじょう日」と書いてあったのかな?

それにしても「天のお誕生日」とはちょっと違うけど。

 

つい先日、2月11日も、先生から聞いた話を「けんこくきねんの日でお休みだよ」とまさかママに教えてくれました。

祝日の前日の帰りの会では、明日は何の日だからお休みなのかお話ししてくれるようです。

なので弟くん、発音を聞くと「天のお誕生日」だけれど、その内容は「天皇誕生日」だと分かっているみたい。

 

小さな子ども独特の言い間違いがかわいらしいし、まだまだ1年生、そこは深く追求しないことにしました。

小6のお兄ちゃんだったら、きっちり正すだろうけど。

 

さぁて、休日だけれど早起きしたもので、ちょっとのんびり過ごしていますが、もう少ししたらみんな起きてくるかな~。

我が家は、平日の朝食は7時、休日は8時なので。

休日はパパが遅起きなので、そこに合わせています。

休みの日ぐらいゆっくり寝かせてあげようというの表向きで、まさかママがゆっくりしたい、そして朝ごはんの準備は1度で済ませたい、から。

 

ということで、そろそろ朝の準備に取りかかろ~っと!

我が家の定番おやつに、坊やが坊やの絵を描いた!

このブログやまさかママのアイコンになりそうないい画像があるかな~と、スマホのアルバムの膨大な数の写真をスクロールしていたら、かわいい画像をみつけました!


f:id:masakamama:20210220195241j:image

 

小1の弟くん画伯、2ヶ月ほど前の作品。

我が家の定番おやつ、パンケーキに、生クリームとチョコソースで顔を描いた写真です。

子供のこういうちょっとした絵って、何とも言えず愛しい。

なので、ついつい写真に撮ってしまう。

 

弟くんは自分でソースかける系の食べ物には、絶対に顔を描くのです。

例えばコレも↓


f:id:masakamama:20210220195605j:image

 

ハッシュドポテトくん~✨

これまた、我が家の定番おやつです。

入学前の春休み、園児と小学生の間の頃の弟くん画伯の作品。

 

この他にも、コロッケやハムカツにはソースで絵を描きます。

同じ揚げ物でも、とんかつやアジフライには描かないかも。

とんかつは切ってあるから、キャンバスにしづらい?描きづらいのかな。

にこにこ笑顔を描く時もあれば、カビゴンポケモンの)風に描く時も。

どんな絵を描いても、弟くんの優しい性格が表れるのか、ほんわかした癒されるキャラに仕上がるんだなぁ。

親バカかもしれませんが…。

 

弟くんのオムライスに、まさかママがケチャップで何か描くこともあるけれど、何故だろう…大人だから上手いはずなのに、弟くんのソース絵の味わいには到底敵わない💦

上手く描こうとか、ギラギラした欲がなく、素直な心で描いているからだよなぁ。

 

そうそう!

以上、パンケーキとハッシュドポテトは我が家の定番おやつです。

定番が過ぎて、ワンパターンになりつつあり、子供達からは「えー!またー?」ってクレーム続きですが。

 

パンケーキに関しては、ダイエット中のまさかママも一緒に食べたいが故に、小麦粉は使わず、使ったとしても少な目で、米粉や大豆粉がメインの材料。

小6兄は、言わなきゃスルーしてパクパクたべるくせに、米粉とか大豆粉とかのフレーズを聞いただけで猛クレーム!!

 

お兄ちゃん、おやつも食事も、出されたものを黙って食べる素直さがなくなり、ちょいちょい文句を言ってきます。

成長した証なのか、単なるワガママなのか。

そんな時のまさかママの決め台詞は、

 

「ここはレストランじゃありません。注文は聞きません。食べたくないなら食べないでいいです。」

 

このセリフは、もう何十回、いや何百回?言ったことか。

 

お兄ちゃんに影響されてしまったのか、ここのところ弟くんも、出されたおやつや食事に文句を言うことがあります。

でも、そこはかわいい小1、「え?何か言った?」ってまさかママがけん制しながら確認すると、「何も~」ととぼけて食べます。